メニュー

SEO対策に必要な被リンク対策とは!?

2016年9月12日 - web集客対策

 SEO対策として、被リンクの対策は非常に重要な要素の1つです。この記事では、外部対策の1つでもある被リンク対策の重要性や、具体的な方法を分かりやすく解説していきます。

・被リンク対策ってそもそもなに?

 前提として、SEOの対策には内部施策と外部施策の大きく2種類があります。内部施策とは、自身のwebページを閲覧者にとって見やすく、人気が出るように編集する方策のことです。一方で外部施策とは、主に他サイトから当該サイトへの被リンクを集める方策のことです。これは検索エンジンが被リンクの数と質を評価しているためです。もちろん、単に被リンクが多いだけでは意味がなく、当該サイトとの高い関連性や、人気や実績、運営期間の長さ等も判断項目に含まれます。

・なぜ被リンク対策が必要なの?

 内部施策とは、上でも述べた通り閲覧ユーザの、見やすい、操作しやすい、分かりやすいといった人間的な心理的嗜好をある程度予測したうえで、ブラウジングに最適であろうwebサイトを設計することを指します。しかしながら、当該サイトがいかに人気があり、読みやすく、充実したものであるかを機械が判断する場合は、感覚的な指標は扱うことが出来ません。そこで、検索エンジン等がwebサイトの閲覧者からの評価を判断する基準として、被リンクの数や質が用いられるのです。

・どのように被リンクの数と質を向上させるの?

 被リンクの数と質が何故重要であるかは上記した通りですが、その向上のさせ方のポイントを説明します。

 被リンクを増やす場合の注意点として、徐々に段階的に数を増していくという点が挙げられます。1日ごとに少しずつ段階的に増やしていくのが理想です。一息に多数の被リンクを増やすことは、検索エンジンから作為的な動向であると判断され効果的なSEOの達成が望めません。

 被リンクの質を高める方策として、まず多くのドメインからの被リンクを増やすことがあります。限られたドメインからの被リンク数を増大させるのではなく、様々な種類のドメインからの被リンクが多いほどSEO施策としては有効です。次に、同言語のサイトからの被リンクを増やすことが重要です。例えばSEO対策の対象が日本語のページであるならば、被リンク元のページも日本語ページであるのが望ましいです。最後に、あらゆるサーバー(IP)からの被リンクを増やすことも、質を高める上で大切だとされています。

 

 以上のようにSEO対策に必要不可欠な被リンク対策ですが、ただ闇雲にその数にのみ注視するのではなく、有効な対策の方針を念頭に置いて、施策に取り組むことが重要です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

6 + 13 =

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)